気になるシミを徹底治療|施術の特徴を事前にチェック

先生

安全性の高いレーザー照射

美白効果の高い外用薬

強い紫外線を浴びたり、ホルモンバランスの乱れ、加齢などが原因で、老人性色素班というシミが出来やすくなります。ドラッグストアで、美白効果の高い基礎化粧品を購入したり、市販薬を購入して服用したりしている人も多いですが、なかなか薄くならないと悩んでいる人が多いです。皮膚にシミなどの色素沈着が見られると、くすんで見えたり、老けた印象を与えてしまったりしています。皮膚科では保険適用外になりますが、シミ治療が受けられます。比較的薄くて小さいシミの場合は、トレチノインやハイドロキノンなどの外用薬を処方してくれます。トレチノインは、皮膚のターンオーバーを促進する働きがありますし、ハイドロキノンには、優れた美白効果があります。洗顔をして化粧水でお肌を整えたら、トレチノインを綿棒や指先に取り、色素沈着が目立つ部分になじませてから、ハイドロキノンを付けておくと良いでしょう。効果には多少の個人差がありますが、3週間から、6週間ぐらいを経過すると、少しずつシミが薄くなってきます。40代、50代以降の年齢になると、直径が大きめの濃いシミが出来てしまうので、悩んでいる人が少なくありません。皮膚科ではレーザー治療を行っています。色素沈着の目立つ部分にレーザーを照射しますが、ゴムで弾かれた程度なので、痛みはほとんどありません。レーザーはメラニンの黒い部分を破壊する働きがありますが、健康な皮膚には影響がないので、安心して施術が受けられます。比較的安全性の高い方法で、体にも負担が少なく、当日からシャワーを浴びることや、メイクもできます。20代、30代の若い女性は、妊娠、出産を経験する人が多いので、頬や目の周りに左右対称にシミができる肝斑で悩んでいる人が増えています。肝斑は従来のレーザー治療では、効果が出にくいですが、レーザートーニングなどの、出力の弱いレーザーを照射することで、目立たなくすることが可能です。シミの形状によっても、最適な治療法が違ってくるので、医師に相談してみると良いでしょう。専門的な知識を持っているため、効果的な方法を提案してくれます。