気になるシミを徹底治療|施術の特徴を事前にチェック

先生

肌トラブルの対処法

カウンセリング

最後の手段は美容整形外科

何らかの原因で出来てしまったシミはタチが悪いです。特に、シミが濃くなると化粧品で隠せなくなったりします。そうなると化粧品でのケアに限界を感じます。そこで、シミを治療するのに効果があり、すぐ効くと言われているのが治療薬を使うことです。そして、薬と言っても2種類あり、一つは外に塗るもので、もう一つは口から服用するものです。まず、外から塗るものは軟膏があります。これは、シミの原因と言われているメラニンを減らす効果があるので、主に紫外線が原因となって出来たシミを無くすことが出来ます。そして、すでに出来てしまっているものだけでなく、これからできるものを予防することもできるのです。また、軟膏を患部に何回も使用することでシミが薄くなり、最終的には、ほぼ消すことができるのです。そして、口から服用するものの代表的なものはトラネキサム酸があります。これは、アミノ酸の一種で、厚生労働省からも美肌効果が認められているものです。こちらも、軟膏と同様に、原因となるメラニンの生成を抑える効果があります。さらに、それに加えて、肌の炎症を抑える働きもあります。これにより、シミを減らすことが期待できます。また、主にそばかすや、老人性色素斑などの色素沈着のシミに効果があります。ですが、このような治療薬を使っても効果が見られない場合があります。そこで、どうしようと悩んでいる人には、美容整形外科があります。ここでは、自分ではどうにもならないシミなどを治療してくれるのです。まず、美容整形外科では、レーザーやラムライトを使った治療をおこないます。このレーザーやラムライトの光は、肌にあるメラニン色素に反応します。そして、照射した後に、かさぶたができます。こうして10日くらい経過すると、自然とかさぶたがポロポロと剥がれ落ちます。また、取れた直後は、患部は赤みを帯びていますが、25日から30日後くらいには、周りの肌の色になじんで治すことが出来ます。このように、シミには色々な種類がありますが、美容整形外科ではそれに合わせて治療することが可能です。どうしても解消しないのなら、美容整形外科を活用するのが良いです。