気になるシミを徹底治療|施術の特徴を事前にチェック

先生

レーザーでメラニンを消す

看護師

メラニンの集まりは頑固

シミ(メラニンの集合体)は皮膚の中のメラノサイトがチロシナーゼと結合して、表皮にまで浮かび上がり、色素沈着した状態を言います。原因は紫外線や摩擦などですが、通常はメラノサイトが動き始めても、チロシンという成分がシミになる原因をブロックしますが、場合によってはチロシナーゼを食い止められません。ターンオーバーが乱れていることや、ストレスでチロシンの働きが鈍っているなと、様々な理由で機能しにくくなります。一度できてしまったシミは頑固であり、簡単には取れません。本来、排出されるべきだったメラニンが集結して、色素沈着を成立させてしまったため、普通のスキンケアで解決するのは難しいと言えます。しかし、皮膚科や美容整形外科では簡単にシミを除去できる施術を行っているのは強みです。専門家から受ける施術はいくつかありますが、王道的なやり方ではレーザー治療が目立ちます。これは整形や出血をともなうような治療ではありませんから、強い不安を抱く必要はないでしょう。最短5秒以内で不快なシミを除去できるのは大きなメリットですが、広範囲で濃いシミの除去だと、あとの手入れが大変だと言えます。小さい色素沈着なら簡単にレーザー治療で消せますが、あまりにも大きいメラニンの集合体にフラッシュすると、代償が出てくる可能性は否定できません。仮に広範囲のシミをレーザー治療で対処した場合、別の跡が発生するでしょう。もしくはクレーターとしてハッキリと見えてしまう恐れは無視できないです。美容整形外科や皮膚科の先生にアフターケアについてきちんと説明を受けて、塗り薬の処方箋をもらうべきです。しかし、レーザー治療が恐いと思うなら、別の治療方法もあります。フェイシャルエステに似たやり方ですが、高濃度の美容成分や話題のハイドロキノン、プラセンタや医療系の美容液をたくさん配合したパックなどを利用して、スキンケア感覚で施術します。これはレーザー治療のようにクレーターの要因にはなりません。余談ですが、他には飲み薬でシミを治療するやり方があります。レーザーやフェイシャル系治療とは違いますが、着実にケアできるのがポイントです。